SCROLLSCROLL

働く人の声

Staff interview
働く人の声トップ画像

ホーム/ 働く人の声

三浦 敬祐

埼玉出身
うし部

三浦 敬祐 係長

Takahiro Miura

父は鶴居村出身で、若いうちに離農して埼玉へ。私はそこで生まれ育ちました。
子供の頃の私と酪農との接点は、良く連れて行ってもらった体験牧場で、知識のある父から接し方などを教わり親しむ程度。それが中学3年生の時、大きな体験をします。鶴居の親戚の牧場に遊びに行った際、出産に立ち会ったのです。命の誕生を目の当たりにし、感動と衝撃を覚えました。そして思ったのでした。「こんなにまで感動する場に立ち会える、酪農で働きたい」と。そう心に決めた通り、地元埼玉の農業高校に進み、ここ北海道で酪農人生をスタートしました。

こんなにまで感動する場に立ち会える、

酪農で働きたい

トミーランドの職場としての特長は、皆仲が良くコミュニケーションが綿密で、立場を越えてサポートし合っていること。上司部下は関係なく臨機応変に仕事にあたれますし、休むときはしっかり休めます。かなり充実したこの生活自体も、もしかしたら特別な体験なのかもしれませんね。
「全ては牛達のため」。この共通意識のもと、未経験者でも働きやすい環境がトミーランドにはあると思います。

三浦 敬祐サブ写真
渡邊良太

紋別出身
うし部

渡邊 良太 係長

Ryouta Watanabe

私の実家は、紋別の酪農一家です。農業を手伝うことと遊ぶことが共にある環境の中で育ったので、姉兄に続いて酪農の道を志したのは自然の流れでした。酪農学校卒業後の数年間に、準公務員として北大の農場の仕事、実家の農場経営を経験したところで、ガラッと環境の異なった酪農に携わりたいという思いが芽生えました。
実家は繋ぎ牛舎なのに対し、メガファームであるトミーランド。物心ついた頃から知っている酪農の世界と比べ、搾乳の頭数・餌の量・大型トラクターなど、どこをとってもスケールが大きいことが刺激的で楽しいです。

酪農育ちの私が、

メガファームを満喫している理由。

また、家族経営だと休みがないのが当たり前でしたが、休日の取得や有給休暇がしっかりあるので、気分転換してまた頑張ろうと思える。メリハリのある充実した生活ができています。
酪農の魅力は、あらゆる仕事があって毎日同じ作業ではないところだと思っています。他の仕事では味わえない喜びややりがいがある。トミーランドは、そんなチャレンジ精神を応援してくれて、仕事の環境を整えてくれる会社です。

渡邊良太サブ写真
佐々木 真実

入社3年目・宮城県出身
うし部

佐々木 真実

Mami Sasaki

非農家で育ち、大学の専攻は教育系という私。
先の見えない時代、「いっそ自分が全く知らない世界を知りたい」という気持ちが強まり、チャレンジングな道へ進んでみようと考えました。そして心に止まったのが酪農の仕事。酪農といえば、北海道!ということで就職活動していく中、求人サイトの担当者から「雰囲気がいい会社」として教えてもらったのが、トミーランドとの出会いでした。
酪農は面白い仕事です。牛達は一頭一頭性格が違い、人が優しく接したら彼らも優しくなります。それに牛ってすごく目が綺麗なんですよ!全部、この仕事をするまで知らなかったこと。多くの事を肌で感じています。

やりがいを感じるのは

当たり前だけど出来ることが

一つずつ増えていく時。

生まれたての子牛に乳の飲み方を教え、上手に飲んでくれるようになった時などは嬉しいです。
私はここで「失敗してもいい」ということを学びました。失敗を受け入れて進み続けることで成長できると実感しています。そんな私の成長を見守り、支えてくれる会社です。

佐々木 真実サブ写真
及川徹

とら部(TMR部長)

及川 徹

Tooru Oikawa

私がトミーランドで働き始めたのは5年前、事業拡大に伴って人を募集しているタイミングでした。こちらで先に働いていた兄から「一緒に働かないか」と誘われたのがきっかけです。これまでは飲食業などの仕事に就いていましたが、もともと新規就農に興味があり、酪農研修を受けたこともありました。そんな私の思いを兄は感じ取って、声をかけてくれたのかなと思います。ここでの酪農の仕事はメリハリがあって、オフには自分の趣味の時間なども持てると話してくれました。忙しくやってきた自分にとって、自分の時間を有効に使えるというのは魅力的でした。

酪農に携われていることへの

感謝を忘れずに

何より、頼りになる兄が私を誘ってくれたというのは純粋に嬉しく、「兄を助けたい」という思いが決め手となり、働くことを決めました。 「初志貫徹」という言葉が好きな私。仕事をする上では、兄や周りの仲間たち、そして酪農に携われていることへの感謝を忘れずにやっていきたいと思っています。兄は、変わらず憧れの存在です。私も後輩に対して、頼りになる先輩になっていきたいです。

及川徹サブ写真
秋山 楓

入社1年目・東京都出身
とら部(TMR)

秋山 楓

Kaede Akiyama

私は以前から酪農に興味があり、大学卒業後に求人サイトでトミーランドを見つけて応募しました。気さくに話してくださる社長や専務の人柄に惹かれましたし、職場のアットホームな雰囲気もとても良かったので入社を決めました。今は給餌を担当していて、栄養価の高い餌作りに励んでいます。
牛の存在があってこそ成り立つ仕事なので、牛を大切にして、接するときは嫌がることをしないよう心がけています。また、一緒に働く人みんなが気持ちよく仕事ができるよう周囲への心配りも忘れないようにしています。

牛たちと日々向き合いながら

少しずつ成長していきたい

まだ入社して1年なので、もっと多くの機械を扱えるようになって仕事の幅を広げたいですね。周りは男性ばかりですが、何かあると皆さん心配して声をかけてくださいます。仕事終わりに個人的な練習に付き合っていただくこともあり、上司や先輩に恵まれた環境をありがたく感じています。今は助けてもらう部分も多いのですが、少しずつ学びながら、先輩と肩を並べて仕事ができるようになるまで、日々努力を重ねて成長していきたいです。

秋山 楓サブ写真
澁谷 航

とら部(圃場管理部長)

澁谷 航

Kou Shibuya

私は以前も酪農の仕事をしていたのですが、転職して本州で働くことを考えた時期があります。そんなとき、昔から知り合いだった及川専務に「こっちに残って働いてくれないか」と誘われました。決め手となったのは、社長や専務の考え方や人柄に惹かれたことです。この人達と一緒ならと思いトミーランドで働くことを決めました。今ではこの仕事を天職だと感じています。
現在担当している仕事は、畑の整地や種まき、収穫、粗飼料作りから場内管理まで多岐にわたります。日々変化があるので新鮮な気持ちで取り組めますし、若い人の意見も積極的に取り入れながら皆で楽しく働いています。

天職と感じる仕事を通して

地域の酪農をもり立てていきたい

仕事をする上で大切にしているのはメリハリ。トミーランドは労働時間や休日の管理がきちんとしているので、休むときはしっかり休んでリフレッシュし、仕事には万全な状態で臨むよう心がけています。今後はより効率的に仕事を進めて時間に余裕を作り、他の酪農家さんと協力し合って地域をもり立てていけたらと思っています。

澁谷 航サブ写真
豊口 大輝

入社2年目
とら部(圃場管理部)

豊口 大輝

Daiki Toyoguchi

アウトドア派で自然が好きな私は、以前から北海道の豊かな環境の中で酪農の仕事に携わりたいと思っていました。高校のときの友人にその思いを語ったところ、友人の交友関係から及川専務に縁が繋がり、この会社で働くことになりました。トミーランドは年齢や立場を問わず誰でも気軽に意見を言い合える雰囲気なので、とても働きやすいです。
当初は給餌係でしたが、現在は収穫作業や場内整備等を担当しています。自分は牛が大好きなので場内を離れるのは寂しかったのですが、今の仕事も楽しく取り組んでいます。

人との関わりを大切に

更なるスキルアップを目指して

仕事で心がけているのは人との関わりを大切にすることですね。以前の職場で言われた「義理人情を大切に」という言葉にも通じるのですが、どんな仕事も基本は人と人との関係性だと思うので、それを忘れないようにしたいです。
今後の目標は、酪農に関係するあらゆる機械を乗りこなせるようになること。会社が楽しく働ける環境を整えてくれているので、その分、自分自身もしっかりスキルアップして貢献していきたいと思っています。

豊口 大輝サブ写真